カラスの被害にあわない為に・・・

打ったボールをカラスがくわえてカップの中に落としてくれる・・・漫画の中では定番のネタですね。でも現実は、カラスはそんなにやさしい鳥ではありません。

特に3月~6月の繁殖期には巣へ近付く人を威嚇しますし、自然にある餌だけでは足りずに、お客様がカートに乗せておいた食べ物をパッティングなどでカートから離れている僅かな隙に盗んで行きます。特にコンビニ袋は一番の標的となっており、その他にもタバコ、箱入りボール、ティーケースなども被害にあっています。7月~は幼鳥が自立する時期となり、親鳥にカートからの盗みの手口を教わった子カラスまでが加わってその被害はますます増加するのではないかと心配されます。

当クラブではこれまでにも有害鳥獣として何度となくカラスの駆除を実施してきました。忌避効果が期待できる資材等も色々試してきました。たいへん悔しいことに、カラスはとても利口な鳥です。しばらくするとその効果はまったくなくなってしまいました。

だからといって手を拱いている訳には行きません。現在は、カート停止位置付近に下の写真のような凧に似た物を取り付けています。これはマジックイオンゴムパネルという商品で、カラスが苦手な黄色の素材で、常時マイナスイオンを発生することでカラスを近付けないという物です。グリーン周りの景観を損ねてしまうことが欠点といえますが、被害がなくなるまでご容赦下さい。

gomupaneru.jpg
gomupaneru2.jpg

今のところカラスによる盗難の被害報告は減っています。しかし、前記しましたようにカラスはプレーヤーがアプローチやパッティングをしている間が最もカートから人が離れている時だと知っており、その隙を狙ってカートの中を物色します。また、マジックイオンゴムパネルの効果がある範囲も約10m四方とさほど広くありません。

そこで、お客様にお願い申し上げます。グリーン周りではプライベートカートは出来る限り下の写真のような看板のあるカート停止位置の近くにお止め下さい。カラスに持ち去られそうな小物類はゴルフバッグに入れ、ファスナーを閉めてカラスが直ぐに持ち去る事ができないようにして下さい。もちろん貴重品は必ずフロントにお預け下さい。

teisisen1.jpg

カラスは臭いには鈍感だと言われていますが、代わりに目がとても良いそうです。少し離れた木の上から餌はないかと皆様の様子を伺っています。すぐに目の付く場所に食べ物や小物類は置かないようにすることがカラスの被害に遭わないための手段だと思います。


パインフォレストカフェの「そのままの美味しさ」をご自宅で